PageTitle_GameInfo
カードの種類と見方

カードは2種類

マスターカード バトラーカード

1:カードの種類
2:キャラクター名
3:召喚時間
4:系統(1〜3つ)
5:ガッツ
6:通常能力
7:アシスト能力
  a. 発揮のタイミング
  b. 効果
8:フレーバーテキスト(キャラクター設定)
9:イラストを描いた人

セッティング

場:5×5カード分のマスを用意
場外のスペース:お互いに場のそばに用意
(召喚中スペース、山札置き場、マスター置き場、捨て札置き場)

場のイメージ

召喚中スペースについて

カードが召喚中であることを示すときに使用するスペース
召喚中のカードは召喚中スペースにはみ出した状態で置く
召喚完了したカードは陣地内に収まるように置く

ゲームの準備

・自分のバトラーをシャッフルして裏向きに伏せて山札にする
・山札とマスターを場外の対応するスペースに置く  →セッティング
・自分の山札から5枚ドローして手札にする
・先攻を決める

勝利条件

自分のマスターを敵陣に到達させよ!
(到達後、終了フェイズを迎えたら勝利)

その他の勝利条件

・敵陣に自分のバトラーを2体到達させ、終了フェイズを迎える
・相手のマスターをやっつける!
※マスターをやっつけたらその時点でゲーム終了

ゲームの流れ
フェイズの詳細
開始フェイズ

◆通常ドロー

1枚カードする。
ドローした上で手札が相手の手札より少なければ、ターンごとに1枚だけ追加でドローしてもよい
ドローするときに山札にカードがない場合は、捨て札をシャッフルして山札にする
この時、自分のマスターが場外にいる場合はゲームに敗北する

◆召喚中のカードの召喚時間を1減らす

召喚時間が0になったら召喚完了
召喚完了したカードに、「召喚完了」の能力があれば効果を発揮
召喚完了しなかったカードは[召喚キャンセル]してもよい

[召喚キャンセル]

残りの召喚時間と同じ枚数の手札を捨て札にして、
バトラーなら手札に戻し、マスターならマスター置き場に戻す

行動フェイズ

◆通常召喚

自分の手札又はマスター置き場のマスターを表で自陣の空きマスに置く。
このとき、召喚中スペースにはみ出すように置く。
続けて、後述の[召喚時間短縮]をしてもよい。
※この状態を召喚中と呼ぶ。
※召喚中のカードは、カードに書かれた召喚時間を初期値として召喚時間をカウントする。
 付属のプレイマット上で、自陣の数字が記されているラインに沿って置くと召喚時間をカウントできる。
※1回の行動フェイズで自陣のマス1箇所につき1体召喚可能

[召喚時間短縮]

召喚時間が0でなければ、召喚するカードと同色の手札を捨て札にして、
1枚につき召喚時間を1減らす

「召喚時」の能力があれば効果を発揮
※召喚時間が0でなくても発揮する
召喚時間が0なら召喚完了  →開始フェイズを参照

◆カードの行動

召喚完了している自分のカード1体につき、次のどちらかを1回行える
○通常移動(前後左右いずれかの方向に1マス移動)く
 ※自分のカードのいるマスに移動することはできない
 通常移動したカードに、「移動後」の能力があれば効果を発揮
○「行動」の能力の効果を発揮

◆戦闘

同じマスに敵対するカードが置かれた場合、戦闘が起きる。
後から置かれたカードが攻撃側の戦闘カード、元々置かれているカードが反撃側の戦闘カード

戦闘開始

戦闘前1

・戦闘カードに「戦闘前」の能力があれば効果を発揮

アシストの使用

・手札からアシストとして1枚カードを使用してよい
・使用するかどうかの判断は攻撃側のプレイヤーから行う
・アシストは裏向きに置き、同時に公開する

戦闘前2

・アシストに「戦闘前」の能力があれば効果を発揮

戦闘中(ガッツ比較)

・カードに「戦闘中」の能力があれば効果を発揮
・アシストのガッツを加えて、値の小さい方が敗北
※召喚完了していない戦闘カードのガッツは0とする
・同じ値の場合は敗北なしで、攻撃側のカードを戦闘する前の位置に戻す

敗北処理

・敗北したカードに「自破壊時」「敗北時」の能力があれば効果を発揮
・敗北したカードは捨て札となる

戦闘後

・敗北していないカードに「戦闘後」の能力があれば効果を発揮
・使用したアシストは捨て札となる

戦闘終了

Copy Right Earth Power TCG Since 2012